カウンター

メモも味の一部

ピザソース、冷やし中華たれ、丼つゆ、豚丼たれ、本返したれ、八方美人たれ、練乳、ゆず味噌、白身魚味噌漬けだれ・・・・。主でなく従の調理レシピを清書した。新聞やテレビからメモして実際に何度も作り、実践通じて残った調理指南書。朱書き訂正もしているので波風氏にはとても貴重。

 

今朝、餅を薄切りにして溶けるチーズを乗せピザソース塗り、その上に玉ねぎとピーマンとハム(サラミきらしていた)、ピザ用チーズかけてフライパンで焼く。これに珈琲で朝食。腹持ち良く、餅のパリパリ感が秀逸。決め手はソースで市販品より間違いなく旨い。「今すぐ必要」なレシピは、雑多なメモ用紙に乱雑な字で書かれ、ところどころに醤油や油の跡が滲んでいた20枚。10年以上前のもあった。

 

清書したら、何て言うのかなあ、味気ない感じがした。味は良いけれど汚ない店がリフォームされたとたん足が遠のく経験を何度かしているがそんな感じ。あの味は、「あの色のあの大きさの紙にあんな風に書いたメモ」とともにあったんだなあ。

どんな時も どんな時も

美味しいご飯50、セックス100、マリファナ500、覚醒剤1000。依存症克服のボランティアに関わったことのある人が教えてくれた『快楽度』。意識の力で薬を辞めるのは至難だ。昔、50円しかなくて50円の煙草と35円のウドン(小さなかき揚げ入り)のどちらかを選ぶ段で迷わず前者にしたのを思い出した。

快楽度の高さは、意志の力で止められない度数。あの時、煙草『いこい』の快感度60ぐらいかなあ。

 

覚醒剤で再逮捕された歌手のことを聞いたら、「辞める途中の出来事ですね」と言い驚いた。芸能人は孤独でストレスが多い、日本は依存症から立ち直る社会的体制が実に不十分ともつけ加えた。また、売人はみんな貧乏人で手っ取り早く金を得られるし、薬も随分安くなりSNSで取り引きされているから予想以上に広がっているらしい。

 

裁く側だけでなく、依存に絡めとられている側から考えてみることを、教え子から教えてもらった土曜の昼。

 

 

PC入力可能ブログに戻る

このブログ、パソコン入力可能になる。何のことはない、ログインして、パスワードの再設定したら、ブログ画面上の右上に見知った『編集』の2文字。不便な『スマホ入力専用ブログ』の時代はやっと終わりを告げたのであった。元通りにならないかといじり回し(同じことを繰り返しただけなのだが)、ブログ運営会社にお助けお願いメール送り無視され、ついにあきらめて2ヶ月半。ホーッ、何てウレシーイんだろう(笑)スマホタブレットの小さな画面に指先入力は老人に極めて辛いのであった。

パソコン入力でなければ出来ないユーチューブ動画貼り付けも元通り可能に。波風立男氏のイチオシアニメ『映像研に手を出すな』の宣伝画像を貼ってみよう。ママヨさんは「何が良いのかさっぱりわからない」というが、話の中身も絵柄も、リズム感も、これ以上の「アニメを作ってみたい人向けアニメ」は無い。視聴者向けでなく製作者が「作りたいのを作っている」に心うたれる。実に破天荒で、真夜中放映で、NHK、泣かせる。

 


TVアニメ「映像研には手を出すな!」PV 第3弾【1/5(日)24:10~NHK総合テレビにて放送開始】

温かい珈琲豆

今年から、波風ブレンド(200グラム、600円)と、コクのあるウサコブレンド(200グラム、800円)をそれぞれ100円値上げした。「子ども食堂」支援金の増額分になる。この種の福祉活動はどこも大変なのだ。波風食堂は今まで、ウドンセット(500円)の材料費除いた分と、「珈琲教室」参加費(500円)全額を支援費にしてきた。カンパ単独はキッパリともらわないことにしている。

 

波風ウドンセットのワンコイン据え置きは、意地による維持😄「作らせてもらい、食べてもらい、遊んでくれる」のだから本当は無料でいいのだが、諸般の事情でそうもいかない。だが、やり続ける限りは、ずーっと500円に決めている(言っちゃったよ😢オイ)。

 

珈琲豆の値上げを焙煎元に伝えたら、「子ども食堂に(自分たちが)貢献できるのが嬉しい」という返信、心が温かくなった。前から、大量注文の珈琲店と同じ格安の値段で売ってくれていた。

波風氏は、品質と値段が適切だと実感できるものを、遠慮しつつも「今回から値上げします」とキッパリ言えるのが嬉しい。売ってくれる人も買ってくれる人も、仲介者の波風氏も「それで良いのだ」と思う時、信じられる人どうしのつながりの糸が見え隠れするような気がする。

http://booklog.jp/users/namikazetateo