カウンター

エイリアンでなく

生物学者  福岡伸一さんの引用で書いた『エイリアンとの戦い』(3/21ブログ)。ウィルス=外部からの侵入者と思ったがそういうことではないようだ。

 

「ウィルスは一方的に襲撃してくるものではない・・・宿主の細胞に感染する(というのは)宿主側が極めて積極的に招き入れているとさえいえる挙動をした結果」、「進化の結果、高等生物の一部が外部かに飛び出したもの・・・・ウィルスはもともと私たちのものだった。それが家出し・・・・また宿主は優しく迎え入れている」(4/3 朝日朝刊「福岡伸一動的平衡」から)。

 

私たちの細胞がウィルスという家出人を優しく迎え入れる理由を、「進化を加速してくれる」からだと福岡さん。宿主に死をもたらすことがあっても、遺伝情報の水平移動(親から子への「垂直移動」に対して)は生命系全体の利他的なツールとして役立つと言う。そして、「ウィルスは生命の不可避的な一部であるがゆえに、根絶したり撲滅したりすることはできない」と続く。人類はこういう艱難辛苦の過程で進化してきたんだ。

 

ワクチンも薬も無く、とにかく人と接しないことが唯一の防御策に暗澹たる思いだが、「(ウィルスは)生命の進化に不可避的な一部」と言われれば、仕方ないなあ、まあまあの状態で何とか静かになってくれよな、俺のところには来ないでくれよと思うしか無い。福岡さんの言説の正否はわからないが、ハラハラしながら暮らすより「なったらなったで仕方ない。家出人は俺のところに戻りたかったんだなあ」と腹を決めた方が健康的な気もする。

 

ママヨさん言行録【売ってるものは】

今日の表ブログ(「コメさんの学習帳」最終回)の「売っているものは作れる」。この言葉をママヨさんから聞いたのは若い時だった。それ以前に、「波風君(学生時代、『君づけ』で呼ばれていた)、お金が無くても生きていけますよ」みたいなことを言われ、都市消費者の波風君は唖然とした。その後、ママヨさんの子ども時代の断片的な話を聞くうち、「お金がなくても~」と「売ってるものは~」は無駄や贅沢を戒めると同時に、「~」に続く価値観というか、生き方の基本に意味があると思えてきた。

 

コメさんも書いているが、「作る」喜びは本能に近い欲求の一つ。「こんなの作れないかなあ」、「作れないがいつか手にしたい」は希望や夢。「売っているものは作れる」を面白がり続ければ、売っていないし目に見えない本物の価値が得られるかもしれない。そんな人生をつくれるのなら素敵だ。

 

コメさんのブログ連載が終了。素敵な言葉を送り続けてくれ、家族ぐるみで仲良くしていただいたことに、ママヨさんと一緒にしみじみとした気持ちで深く感謝している。

最後の日

今日が2019年度最後の日。「2020」の練習期間みたいな正月からの3ヶ月間はいつになく重苦しかった。

 

今日の朝刊に「五輪、来年7月23日開幕決定」の見出し、ちっとも心弾まず「浮わついている場合でないだろう」という思いが明るいはずの話題にツッコミ入れる。心なしか新聞の扱いもトップ記事にしては随分小さい。今や五輪の神通力は霧散し、もし今が「五輪招致しませんか」という判断迫られる時なら、話題にするだけでお前は馬鹿かと一蹴されるだろう。規模も開始時点も全然決められない経済復興でオタオタしている中、本来目的の震災復興オリンピックは霞みあざとい政治スローガンが何と空しいことか。膨大な経費と回収不可の収益、大会後の暗転凋落を想像すると堪らない。

 

新聞ラストに「志村さん死去 聞きたかった『だいじょうぶだあ』」のほぼ一面全部の特集記事。一国の災いと一人の死が相対化される。それは、不信と共感が揺れ動く中で必死にバランス求めている心の奥底のせい。

 

今日は、まだ明日がある「最後の日」。

素晴らしき世界

世界はこんなに脆弱だったのか。医療や衛生も高度に発達しているはずの国々が大混乱している。ウイルスに勝利する術はなく、唯一の防御が人と接触しないことだけの、徒手空拳の戦い。世界中が「マスク」から始まり、「外出」「買い占め」に右往左往し、仕事を失う大不況に泣き、子どもは学校に行けず、老人は年金財政の破綻に震えている。

 

経済の綻びが、人間の精神を蹂躙するのが最も怖い。苦しみに全く応えないお粗末な政治が出口の無い不安を増幅させる。「政治とは税金の再配分」(井上ひさし)を思い出させてくれるこの国。ウイルス禍を分光器にかけると貧富の差と政治の貧困をまざまざと映し出す。

 

今読んでいる鶴見俊輔著『戦時期日本の精神史 1931~1945』に出てくる苛烈な時代の人間精神が、庶民も専門家もリーダーも今の状況にどう立ち続けるべきなのかを問う。白黒分類できない、一見曖昧でいて強靭で落ち着いた精神に惹かれたりする。そこらを、お茶を飲みながらママヨさんと話する。

世界はやっぱり素晴らしい、と思いたいな。

 

 

 

 

 

 

 

http://booklog.jp/users/namikazetateo